寒い冬も快適な暮らしを叶える断熱リフォーム。その方法にはどんなものがある?

茨木・高槻エリアでリフォームしたい方はパレットホームへ

072-622-8295

〒567-0882 大阪府茨木市元町5-7-4 大弘元町ハイツ1-C

[ 営業時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 毎週水曜

lv

寒い冬も快適な暮らしを叶える断熱リフォーム。その方法にはどんなものがある?

ブログ

2019/10/03 寒い冬も快適な暮らしを叶える断熱リフォーム。その方法にはどんなものがある?

こんにちは!パレットホーム株式会社の長田です。

 

先日は、断熱リフォームの重要性についてお伝えしました。(http://pallete.co.jp/news01/2416/

では実際に、断熱リフォームはどのように行うのでしょうか?

 

Close up Conceptual of Insulation Symbol House with Red Bonnet in office burreau.

 

断熱リフォームの方法は、大きく「充填断熱」や「外断熱」、「内張断熱」に分けられます。

 

「充填断熱」とは、柱と柱の間に断熱材を詰める断熱方法を指します。

お家の中・外ともに広さが現状と変わらないことがメリットですが、工期が長くかかることや、室内の壁の一部を穴開けして工事する必要があります。

 

住宅工事

 

「外断熱」は、外壁側に断熱材を施工する断熱方法で、次世代省エネ基準以上の断熱性能が実現できます。
外観を一新できることや、室内空間が狭くならないことがメリットですが、時には窓サッシの取換えが生じることもあり、工事費用が高くなる傾向にあります。

 

一方、柱の内側に断熱材を施工する方法を「内張断熱」と呼びます。

短期間で工事が完了し、外断熱より一般的に安価なため施工費が安くなることがメリットに挙げられますが、少し部屋が狭くなったり天井高が低くなってしまったりすることも。
さらに、室内の壁を解体するため、工事のために荷物の移動が必要となることもデメリットとして挙げられます。

 

いずれにしても、お家全体の断熱リフォームを行うとなればそれ相応の費用がかかりますが、各部屋を個別に施工することも可能です。

まずはヒートショックのリスクが高い洗面所やトイレから検討されてみてはいかがでしょうか。

 

オープンキッチン-3

 

お客様それぞれの状況にあわせた断熱リフォームの方法をご提案させていただきますので、詳しくはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

▼お問い合わせフォーム→http://pallete.co.jp/contact/

 

TOP