【耐震リフォームQ&A】耐震診断って、何するの?

茨木・高槻エリアでリフォームしたい方はパレットホームへ

072-622-8295

〒567-0882 大阪府茨木市元町5-7-4 大弘元町ハイツ1-C

[ 営業時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 毎週水曜

lv

【耐震リフォームQ&A】耐震診断って、何するの?

ブログ

2019/11/07 【耐震リフォームQ&A】耐震診断って、何するの?

こんにちは!パレットホーム株式会社の長田です。

 

Q&A

 

今日は、耐震リフォームについて当社に多く寄せられるご質問をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

御社では無料耐震診断を行っていると聞きましたが、実際にどのようなことをするのですか?

 

 

耐震診断では、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に準じて、「壁の量」「壁のバランス」「劣化度」「地盤・基礎」をチェックします。

 

たとえば、「壁の量」を調べるためには、現地に2平面図を作成し、また床下や天井裏から筋交いの有無をチェックし、どこに強い壁が入っているかを割り出します。

 

建設中の木造建築

 

「壁のバランス」については、建築図面と目視によって家の形状を確認し、さらに図面通りに壁が配置されているかもチェック。たとえ壁の量を満たしていても、開口部が広すぎたり壁の配置バランスの悪さによって耐震性を損なうこともあるのです。

 

「劣化度」や「地盤・基礎」については、まず床下の湿度・含水率やシロアリの被害がないかを調べます。

 

また外側から、屋根・外壁などにゆがみやひびがないかをチェックするとともに、床なり、水準器やレーザー計測器を使って柱の傾き、梁のたわみなどがないかも確認します。

 

建物 屋根 点検する作業員 外壁塗装 リフォーム

 

このような項目をチェックすることで、家のどの部分が弱く、どのように補強すればいいのかが判断できるというわけです。

 

耐震リフォームの補助金を受け取るためには、耐震診断の結果を写真とともに市に提出する必要がありますので、撮影時には家具などを動かしていただく場合もあります。

その際には、ご協力をお願いいたします。

 

一通りの診断には、2.5時間から3時間ほどかかります。

詳しくは、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

先日の記事でも無料耐震診断についてご紹介していますので、ぜひご参考になさってください。(http://pallete.co.jp/news01/2443/

 

▼お問い合わせフォーム→http://pallete.co.jp/contact/

TOP