【耐震リフォームQ&A】耐震補強には、どんな方法がある??

茨木・高槻エリアでリフォームしたい方はパレットホームへ

072-622-8295

〒567-0882 大阪府茨木市元町5-7-4 大弘元町ハイツ1-C

[ 営業時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 毎週水曜

lv

【耐震リフォームQ&A】耐震補強には、どんな方法がある??

ブログ

2019/11/21 【耐震リフォームQ&A】耐震補強には、どんな方法がある??

こんにちは!パレットホーム株式会社の長田です。

今日は、耐震リフォームについて当社に多く寄せられるご質問をご紹介したいと思います。

 

 

Q&A or Questions and answers on black block with blurred background

 

Q. 耐震リフォームを検討していますが、具体的にどんな方法で家の耐震性を上げるのでしょうか?

 

A. もっともポピュラーな耐震リフォームは、壁の補強です。
耐震診断の結果から補強が必要な壁を割り出し、耐力壁や筋交いを入れて補強します。
開口部が多い住宅の場合は、その一部を壁にすることでも耐震性はアップします。

 

6-2

 

また、阪神・淡路大震災のような大地震の際には、土台と柱の接合が弱く、柱が抜けることによって倒壊してしまった家もたくさんありました。
土台から柱が抜けないようにするには、専用の金物を使ってコンクリート基礎と柱を直接つなぐという方法を用います。

 

6-3

 

壁を壊すことなく、家の外側から取り付けられる外付けの金物を使えば、かかる工期は1日程度。
比較的、お手軽な耐震リフォームといえるでしょう。

 

そのほか最近では、地震の揺れを軽減する「制震ダンパー」も多く採用されています。
建物に伝わる地震のエネルギーを吸収して揺れを抑えることで、大きな地震から家を守ります。

 

ご自宅の状況をしっかり調査したうえで最適な耐震補強方法をご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

▼お問い合わせフォーム→http://pallete.co.jp/contact/

TOP