家の“断熱”について考える。断熱コラムvol.3「あたたかい家に欠かせない、“窓”の断熱」

茨木・高槻エリアでリフォームしたい方はパレットホームへ

072-622-8295

〒567-0882 大阪府茨木市元町5-7-4 大弘元町ハイツ1-C

[ 営業時間 ] 8:00~20:00 [ 定休日 ] 毎週水曜

lv

家の“断熱”について考える。断熱コラムvol.3「あたたかい家に欠かせない、“窓”の断熱」

ブログ

2019/12/05 家の“断熱”について考える。断熱コラムvol.3「あたたかい家に欠かせない、“窓”の断熱」

こんにちは!パレットホーム株式会社の長田です。

 

先日よりお届けしている断熱コラム。
今回はvol.3、「窓」の断熱についてお話をさせていただきます。

 

2-1

 

そもそも、なぜ断熱性能の低い家は“寒い”のか?
それは、室内のあたたかい空気が外に逃げてしまうからです。

 

そしてその熱の半分は、窓から逃げているということがわかっています。
つまり、住まいの断熱を考えるうえで真っ先に対策すべきなのは「窓」。
窓の断熱性能を高めるだけでも、寒さが大きく改善されます。

 

そんな窓の断熱性能を上げるのにもっとも手軽な方法は、既存の窓の内側にもう1枚窓をつける「内窓」の設置です。

 

今ある窓を取り外すことなく工事ができるため、最短数時間でリフォームが完了します。

 

Sample of modern window profile on sill. Space for text

 

そのほか、窓ガラス自体を断熱性能の高いLow-E複層ガラスに取り替える方法も。
2枚、3枚と重なるガラスの間に空気の層ができることで、熱の伝わりを抑えることができます。

 

さらに、断熱性能の高さを誇る樹脂窓と組み合わせれば、断熱効果は格段にアップ!

 

3層ガラス+樹脂窓なら、熱の流出量を約半分に軽減できるといわれています。

家の寒さはヒートショックなどを引き起こし、命の危険にも直結する大問題。
安心して暮らせる住まいにするために、窓の断熱からはじめてみませんか?

 

▼お問い合わせフォーム→http://pallete.co.jp/contact/

TOP